忍者ブログ

こま茶屋

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > music > 音楽日記、徒然に

音楽日記、徒然に

夏至の日に仙台に向かっていました
目的は
ハンバートハンバートのライブ

同じように、3年前のあの日、
3月11日も仙台に向かっていました

盛岡への通院のため仕事を休ませてもらっていたのですが
その日、不意に旦那様も休みをとってくれて
それならば、仙台まで行きましょう!
となったわけです

いつもは車に乗りたがらない愛犬ミックが、
あの日ばかりは「乗せていけ!」と猛烈アピール
動物的勘だったのでしょう



そして、あの震災が起こりました


おそるおそる宮古まで帰りました




あの日から、日常の中に当たり前にあった音楽が
まったく、ほんの少しも、聴けなくなりました


ラジオから聴こえてくる唄が、
なんだか偽善的で
苦痛でしかなかった


もう普通に音楽なんか聴けないだろう
ましてや、音楽を演奏するなんて
そう、思っていました


そんな時に、やさしく寄り添ってくれたのが
モアリズムの音楽



仙台ジャズフェスで魅了され、「田舎ですけどぜひ宮古へ」と声をかけたのがはじまり

全国津々浦々回っている彼らは、
どんな辺鄙なとこへも愛車ハニーQでやってきて
素晴らしい音楽でココロ躍らせてくれるのです

そして震災後、東北のミュージシャンに声を掛けて
東へ西へというアルバムを作り
その売上金を利用して、
また同じように、被災地へもやってきてくれました

陸前高田では、
老舗バーの仮設店舗前の砂利駐の片隅で
まわりは見渡す限りなーーーんにもないとこで
当たり前に演奏してた

その唄は、
励ましや希望、絆、そんなメッセージなんかなくて
ただ、以前と変わらずに
いい音を、いい音楽を、老若男女、誰でも楽しめるように
そんなスタイル

そのやさしさが最高にかっこよかった

モアリズムにすくい上げられたと思ってます

今、やっと、自分たちで楽しむ音楽を
地元でもやってもいいでしょ??
と思える程に復活しました

「爆音なんて無理」と思っていたけど
再来日したストーンズを見に行っちゃたし(笑)

人間て、変わっていけるんだと思います

そんな滑稽なとこも、愛すべきとこなんだって

人間臭い、泥臭い音楽
それがブルーズなんだと教えてくれる
かっこいい兄貴達、それがモアリズム

ステージは、
これがまた魅せる!魅せる!魅せる!
抱腹絶倒!?最高のステージングです☆

明日、また宮古へやってきます
詳しくは→カントリーズカフェ



追記
そう、冒頭のハンバートハンバート
震災の数ヵ月後に振替公演が無事に行われたのですが
翌年の仙台公演で、
またまた宮城沖を震源とする地震が起きて津波注意報が発令(ーー;)
仙台へ向かう途中、高速を降ろされ、開演時間に間に合わないというアクシデントが・・・

今年は無事に、何事もなく、堪能出来ました
トラウマ克服です(苦笑

いつかハンバートさんも宮古へ来て欲しいなぁ、と思うのです

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword